当たり前のことですが、仕事を探すなら、就職活動をしなければいけません。

ただ、求人倍率は一時よりも高くなっている現在(2017年11月現在)でも、就職活動は楽だとはいえません。

むしろ、様々な理由か就活を苦だと感じている人もいるようです。

就活は、たとえ受かっても落ちても、自分のどこが悪かったのか、評価されたのかがはっきりしないため、明確な答えがでません。

つまり、結果だけ伝えられるのですね。

でもこれは、実際に仕事をすれば、基本的にはプロセスよりも結果が重視されるのが当然なので、就職時にも結果のみが伝えられるのです。

社会人になれば、お金をしはらって対価をもらう側だけでなく、今度は自分の力と努力で身につけなければならないことも多いです。

いつまでも先輩社員に手取り足取り教えてもらえるわけではありません。

どのように仕事をすすめていくべきか、周りの社員と折り合いをみながら、自分で決めていくことが多くなります。

就活でもそれは同じで、先々のことを見据えて、計画を実行していかなければいけませんよね。

そういう意味では、就職活動というのは、会社に入って仕事をする前の予行演習といえるでしょう。

もちろん、就活をする上では、結果を突きつけられて落ち込んだりすることもあるでしょう。

また時には、この先どうしたらいいのかわからなくて悩んでしまったり、突破口が見えないことがあります。

でも就活とはいえ、人生の長いスパンで考えれば短期間のことです。

良くも悪くも、自分の将来の糧になると考えれば、モチベーションも上がります。

マユライズはメンズで眉毛が気になるあなたの救世主です